『美脚=美腕』の法則【前編】

BCFに通っている方にはおなじみの理論なんですが、カラダ的に「四肢」としてひとくくりにされる、≪脚≫と≪腕≫には大きな関連性があります(°∀°)b

これをボクは【“美脚=美腕”の法則】としています。

例えば、街中やご友人など、脚が細い≪美脚な人≫がいたら、ある部位をぜひ見てみてください♪

それは・・・『二の腕』(・∀・)

きっと、脚(足)が細くてキレイな人のほとんどは、二の腕も細いはずです!

これは、単純に言えば≪歩き方が違う≫から、もっと細かく言えば≪筋肉の使い方が違う≫からです(`・ω・´)ゞ

筋肉の使い方が違うというのは、≪下半身の筋力だけでなく、上半身(体幹)の筋力を多く使っている≫ということで、結果的に≪下半身の筋肉に無駄な負荷を与えない状況になっている≫ということです。

逆に、上半身(体幹部)には、いい具合に負荷がかかることになるので、筋肉は引き締まるのです!

その際(歩く際)、明らかに見た目に変化がでるところが・・・【腕の振り】(。・ω・)ノ゙

歩く時の“腕の振り”は、二の腕にあたる部分の【上腕三頭筋】をしっかり使っているわけなのですが、単純に腕の力だけ使っているのではありません!

腕につながっている『肩』や『胸』、そして『背中』をはじめ、体幹(胴体)全体の筋力がうまく連動されて、下半身とバランスをとるために『ひねり』の力を生じ、筋力が発動しています。

その結果が、歩く時の“腕の振り”なんです( ̄▽ ̄)=3

ちゃんと、下半身をフォローするように上半身の筋力が使えてれば、腕が“ブンブン”振れます♪

なので、“脚”が細い人のほとんどは、二の腕などの“腕”も細い。

・・・逆を言えば、脚が太い人のほとんどは、二の腕などの腕の筋力も使えてない人がほとんどなので、どうしても二の腕や、その周辺部もたるんでいる・・・ことがほとんど(´・ω・`)

皆さんはどうですか?

ちなみに、だからと言って、単純に「二の腕を鍛えなければ!」というのも間違い(笑)

鍛えるのが大好きなトレーナーのほとんどは、たいていこういう結論になっちゃうんだけど、「鍛える」からと言ってその部位が「使える」というわけじゃない┐( ̄ヘ ̄)┌

だって、なんでも鍛えるのがベストなら、ボディビルダーがスポーツの世界でNO.1になっちゃいますよ(笑)

筋肉は、『自然に使えるようになるのがベスト』なのです(・ω・)b

要は、≪“人間本来の動きができる”ような“筋肉の使い方(機能)”≫です!

だからこそ、キレイで正しく歩くことができれば、「ふらなきゃ」と思わなくても、自然に腕が振れるようになるし、実際にBCFで『ラインウォーク』などを体験してもらい、簡単に歩き方の矯正をするだけで、とりあえずは自然に腕が振れるようになったりします( ̄ー☆

街に出たり、友人などと会った際に、脚が細くてキレイな人の歩き方をしっかりチェックしてみてください!

きっと、腕をぶんぶん振って歩いてるはずだし、荷物を持ってても、片腕は振れているはずですヾ( ´ー`)

まぁ、一番わかりやすいのは、『男性の歩き方』ですけどね♪

だからこそ、男性で下半身太りで悩む人はほぼ“皆無”だし、たいてい“美脚”です(笑)

ちなみに、オグラ式ボディコントロールのストレッチは、人間本来の筋肉が使えるようするため、リハビリとおなじような【機能回復】や、さらには【機能強化】を目的としているストレッチが、たくさんあります♪

もちろんオリジナルですよ(笑)

次回、“美腕”をつくり、結果的に“美脚”にも導く、オグラ式の『機能回復ストレッチ』をご紹介します!

さすがにここで、全部を紹介するのは難しいし、BCFに通っている方々にも悪い(笑)のですべては紹介できませんが・・・。

しかしながら、サロンに通うことのできない学生のみんなや、遠方で来れない方のためにちゃんと紹介しますので、楽しみしててくださいね!

関連記事

  1. 『二の腕の“ブツブツ”』で悩んでるヒト〜!

  2. 二の腕のブツブツに悩むヒトは…

  3. 【ハビットコントロールプラン】初の画像公開!!

  4. 『ししゃも足』に◯◯はNG!~非常識な常識~

  5. お尻は「鍛える」より『使える』がベスト!

  6. セルフでできる『脚やせ』&『二の腕やせ』

  7. 『美脚=美腕』の法則【後編】

  8. 美脚・脚やせの不都合な真実③