レーサーの脚はモデル以上!?

先日、東京・お台場のMEGA WEBで開催された『レッドブル・カートファイト・ジャパンファイナル』に、行ってきました!!!

なんと、この大会には、F1レーサーの“ダニエル・リカルド”選手もゲストで来場!

・・・といっても、ボクはあまりモータースポーツは詳しくないので、凄さがよく分からず(笑)

でも、レーサーや会場の皆さんは湧いてました(((o(*゚▽゚*)o)))

ちなみに、モータースポーツに明るくないボクが、なぜこの大会に来場したのか?

それは、実はこの大会に、ボクの可愛い“甥っ子”(?)で、ジュニアのカートレーサーの【遠藤照剛(エンドウショウゴウ)】《高山短大レーシング“ぴぃたぁぱん”所属》が出場していたのですヽ(・∀・)ノ

ちなみに、照剛は現在15歳の中学生!

レーサーだったお父さんの影響で、小さい頃からカートに取り組んでます!

ちなみに、このレッドブル主催レースでは、中部・関西エリア予選レースを見事制して、グランドファイナルに出場!

日本のシニア(大人)のレーサーを含めた大会なのに・・・すごいでしょ!?

なぜなら、実は彼、日本のジュニアカート界でも、1.2を争うトップドライバーで、子供の頃から数多くのタイトルを獲得している、すごいレーサーなんです( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

しかも来月には、アメリカ・ニューオリンズで開催される、カートの世界最高峰のレース『ROTAX MAX CHALLENGE グランドファイナル』に、“日本代表”として出場が決定!!!

世界60カ国、15,000人の中から予選を勝ち抜いた、まさに各国のトップドライバーが一同に集まり、世界NO.1を争うレースで、多くの“F1レーサー”も輩出しています(´Д`;)

ちなみに、今回のレースは、通常のカートレースと違い、主催者側が用意したレンタルカート。。。

レース前にクジを引いて、乗るカートが決定されるのですが・・・

これが、マシンによって、パワーというかスピードが全然違う(笑)

結果・・・照剛は、クジ運の悪さをおもいっきり引き出し、明らかに遅いマシンにあたる(笑)

他のマシンが観衆の前を通って行く時は、『ブン!』って感じで通り過ぎていくのですが、照剛のマシンは『ブーーーン・・・』って感じ。。。(  ゚ ▽ ゚ 😉

コーナーワークなどの、テクニックで後続をひき離しても、直線で追いつかれる。。。

ボクらだけでなく、周りの他のチームの人も「これは・・・キツいだろう」と思わず苦笑してました(^_^;)

結果、日本トップクラスのテクニックで、マシンのハンデをおぎない健闘しましたが、さすがに優勝を逃しました・・・が、今回はしょうがない(。-∀-)

この“ぶつけようのない”悔しさは、アメリカのレースで晴らして、日の丸を表彰台で掲げて欲しいですね☆彡

レース後は、レッドブル主催のアフターパーティ-に、ボクも参加♪

中学生の照剛はもちろん“ノンアルコール”のオレンジジュースで、車で来場したボクも同じく“ノンアルコール”。

本来なら、テンションが下がるところですが、このパーティーは、ボクの大好きな『レッドブル』主催のパーティーですよ!(*゚∀゚*)

もちろん、レッドブルは飲み放題━━━(゚∀゚)━━━!!!

毎日最低一本は飲んでる『レッドブル』ですが、高いので何本も飲めない。。。

・・・だからこそ、ここぞとばかりに飲んでやりました♪

きっと、かなりデカイ羽を授かったと思います(笑)

しかし・・・まぁ、今回もブログを書いてて改めて思いましたが・・・

ボクの周りは、照剛ももちろんですが、みんな個性的でホントに魅力あふれる人間ばかりだなぁと☆彡

今回ご紹介した、照剛の“良いところ”は、決して『順風満帆なエリートではない』ところです。

カートには、カートマシンはもちろん、何かと資金が必要なこともあり、どちらかというと裕福な恵まれた環境でおこなっているイメージだと思いますし、そういったレーサーが多いことも確かだと思います(´ω`)

しかし、照剛の場合は、決してそういった恵まれた環境で取り組んでいるのではありません。

彼のレースドライバーとしての才能を伸ばしてやりたい家族や、その周りの方々の応援のおかげで、なんとか“ギリギリ”で頑張っています!

彼は決して、恵まれた“エリート”レーサーではなく、レースという《結果を見せることしか認められない》環境で、結果を着実に残しつつ、それを応援したいファミリーの努力で駆け上がってきた“叩き上げ”レーサーなんです( ;∀;)

「タ・タ・キ・ア・ゲ」・・・【叩き上げ】(笑)(^人^)

ボクの活動も、かれこれ15年以上になりますが、フリーランスの指導者として、どこか企業に属したり、フォローを受けることもなく、同業者とはまったく違う“独自の道”を歩んで、努力を重ねてきました。

その中でも、特にこだわったのは、【結果】ということです!

時には、他のカラダの指導者が断った“困難な依頼”も断らず、【確実に結果を出し続ける】など、常に“崖っぷち”ギリギリに身を置くことで、自分の限界を伸ばし、レベルを高めてきました。

今のフィットネスや美容業界の指導者の問題点でもありますが、指導するだけじゃ意味ないんです┐( ̄ヘ ̄)┌

特に、ボクらのような、今や《現役の指導者を育てるような立場》になった、そこそこ活動年数の長い指導者たちは、結果を出さないと、誰も認めてくれないような環境でやってきた人が多いと思います!

その結果を見て、ボクの活動を理解をいただける方々に応援もしていただき、今の【ボディコントローラー小倉義人】として認知していただき、長年活動してくることができたのだと思っています!

ボクも、これまで様々な出来事があり、それなりの苦労もしてきましたので、照剛やその周りの人たちの気持ちは、痛いほどわかります(*^^*)

そして、同じ『たたき上げ』同士として、彼が可愛くてしょうがないんです♪

最後でも少し話しますが、レーサーは、他のジャンルのアスリートにも引けをとらないくらい、肉体を酷使しますし、身体機能も必要になります。

なので、ボクのスキルを活かし、今後は日本を代表するカートレーサーの【遠藤照剛】選手を、ボディコントローラー小倉義人としても、バックアップしていきたいと思っています(^_-)

皆さんの中でも、モータースポーツが好きな方は多いと思いますが、未来の“F1レーサー”候補をぜひ応援してやってくださいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

これからの小倉義人ともども、ご声援をよろしくお願いいたします(笑)

そして最後に、今回のブログタイトルの『衝撃的な事実』!\(゜□゜)/

それは・・・

【現役のカートレーサーはもちろん、元レーサーは、みんな脚が細い!!!】

分厚いレーシングスーツを着ているときからは、まったく想像がつかないと思います!

男性もそこらの女の子より細くてキレイな脚ばかりでしたが・・・

今回のレースには、とても華のある16歳の女子レーサーも出場しており、アフターパーティで見た彼女も、ボクがびっくりするくらい脚が細かったです(((゜д゜;)))

職業柄、散々、細いモデルなどのカラダも見てきましたが、はっきり言って「そこらのモデル以上」です( ̄□ ̄;)

でも、“理由”はもちろん“理屈”としては簡単なんです♪

常にカートに座っている状態なため、カートのスピードにより、首を含む“体幹(胴体)部”にモノ凄いG(重力)がかかる。

常にそれと戦っていることで、上半身の筋力が非常に発達・・・するからでしょう(*´ω`*)

ボクも常に指導の際に言っていますが、美脚の鍵は『上半身の筋力』で、上半身が安定すれば、下半身の負荷を格段に減らすことができます!

ボクの理論が、カートでも証明されるとは。。。(笑)

ちなみに、帰り際、控え室で着替えているレーサーのカラダを見ましたが、ボクサーと比べても引けをとらない見事な腹筋をもつ、素晴らしい肉体ばかりでしたよ!

いつか、下半身が気になる女子の間で、『カート美脚ダイエット』なんてのが流行ったりして(笑)

いつもみたいに真似される前に、どこかに提案してみようかなぁ( ̄▽ ̄)=3

関連記事

  1. 『美脚=美腕』の法則【前編】

  2. 脚(足)やせ・下半身痩せの真実

  3. 【美脚のポイント】ペタンコ靴orヒール???

  4. 脚やせ&美脚のつくり方 -3カ条-

  5. 「“下半身太り”の脚やせ」の結果

  6. 【一回で太もも“−4.5㎝”】他の“トレーニング”との違いは…

  7. 足やせ専門の○○な話

  8. O脚・X脚の改善には・・・美脚になりたい方必見!