『下半身を鍛えれば痩せる』ってどうなの?

最近、ブログ読者の複数の方々から、こんな質問がありました。

Q:『下半身を鍛えると痩せる』って本当ですか?

最近、有名なトレーナーさんをはじめ、フィットネス関係の指導者の人達が、

「痩せたいなら下半身を鍛えなさい」

「下半身を鍛えてれば、太りにくいし、健康になる」

・・・ということを言っています。

これってどうなんでしょうか?

私は、筋肉でパンパンに張った自分の脚を見てると、

「下半身なんて鍛えたら、余計に脚が太くなりそう・・・」

って気がして、どうも納得できません!

A:間違いではないけど・・・いろいろ“問題点”もあります(´-ω-`)

「下半身を鍛えると痩せる」ってのは、トレーナーとしては基本的な知識で、ボクが習ったのはかれこれ20年ほど前。。。

なので、特に“革新的”な理論ではありません(笑)

この理論の“理屈”を簡単に言うと、、、

『筋肉量が、全体の“2/3”を占める「下半身」を鍛えることで、代謝機能が向上するだけでなく、下腿部のポンプ機能により、脚の浮腫みも軽減。血液循環も向上し、健康促進にもつながる。』

・・・まぁ、こんな感じでしょう(笑)

至極当たり前で、何も言うことはありません。

・・・ただしそれは、ただ単に「痩せたいだけ」ならの話しです!(`・ω・´)

単純に「痩せたい」だけなら、この理屈は間違ってないんです。

「とにかく痩せたい」&「運動もOK!」なら、、、

“スクワット”系のトレーニングをしまくったり、“ウォーキング”や“ランニング”など、下半身の筋力をメインに使う運動を行えばいいんです♪(´-ω-`)

確かに、家でやる、ちょっとした“腹筋運動”や“腕立て運動”なんかよりも、効果は大きいでしょう(笑)

・・・でも、こんな人はいませんか?

『ウォーキングやランニングを頑張って続けたら、確かに痩せたんだけど・・・脚が太くなった( ;∀;)』

『「下半身を鍛えたら痩せる」って聞いて運動したら、上半身と下半身のバランスが悪くなった・・・』

『下半身を鍛えるため、ランニングなどをしたら、“腰”や膝が痛むようになった』

・・・BCFにも、このような悩みを持つ人は、たくさん来られます(笑)

もう、お分かりでしょう?( ̄ー ̄)

ただ、やみくもに下半身を鍛えるだけだと、『ビジュアル面』や『健康面』に“悪影響”を与える確率が一気に上がるんです!

ボクが常に言ってるように、人間は“無意識”におこなっている【活動習慣(立つ・座る・歩く)】という《基本の動き》があり、人それぞれ、筋肉の使い方(※動作)にも“クセ”があります。

その筋肉の使い方の《クセ》は、長年“無意識”に使い続けることで、筋肉の形状にも大きな影響を与えます( *`ω´)

だからこそ、当然ながら、ボディラインにも大きな影響を与えるのです。

例えば日本では、“太モモの前&外”、“ふくらはぎ”が張って、肥大している悩みを持つ女性が特に多いですが、これがまさに『活動習慣のクセ』が原因で起こるというわけ!

ちなみに、“O脚”や“X脚”なども、こういった“クセ”から生まれる『関節障害』の一種ですね(>_<)

・・・では、そういった“クセ”を改善しないで、トレーニングを行ったらどうなるでしょう?( *`ω´)

そうです!

さらに下半身の筋肉は肥大し、太くなって、ビジュアル面(見た目)で悪くなってしまうんです。

中には「下半身を鍛えたら、O脚(X脚)がひどくなった!」なんて声もありますが、もちろんそうなってくることも多いでしょう(;_;)

X脚系に多いですが、膝が無意識に曲がって、脚が伸びきらない“クセ”がある人は、膝に大きな負荷がかかり続けることで、将来的にも《膝の痛み》などの障害を抱える人も多いです。

また膝が曲がっている人は、“出っ尻”&“反り腰”の人も多いため、《腰痛》に悩まされる人も多いのです!

・・・以上のように、《ビジュアル面》や《健康面》から見れば、単純に「下半身を鍛えればベスト」なんてことは、口が裂けても言えなくなるんですよ(笑)

なので、質問者の方は、下半身を鍛えれば、確かに“痩せる”かもしれませんが、今やれば、少なくとも脚が太くなることは避けられないでしょう!

要は、「ただ痩せたい」なら有効だけど、「ビジュアルや健康面も気をつけて痩せたい」なら問題点が多すぎるということです(。-∀-)

ちなみにBCFでも、もちろん“下半身”の筋肉は鍛えます!

でも、「とにかく鍛える」んじゃなく、『どの筋肉をどう鍛えるか?』を重視するんです。

下半身のなかでも、【本来使うべきなのに、あまり使ってない筋肉】などを使えるようにしていき、【不必要に使いすぎて“肥大”した筋肉】を落とすようにしていきます♪

そうやって、本来あるべき筋肉の状態へ、導いていきます。

まさに、ボディメイクにおける“リハビリ”のようなイメージですね(^_-)

その方法が、『活動習慣(アクテビティ・ハビット)』の“ハビットコントロール”だったり、ボディコントロール理論を応用した下半身の“ストレッチ&エクササイズ”だったりするのです( ´ ▽ ` )ノ

これは、東京・恵比寿の『ボディコントロールファクトリー(BCF)』のみで学べる、唯一の技術です!

まさに、これが他の施設では“真似”のできない【BCFクオリティ】なんです(*´ω`*)

なので、結論を言うと、、、

下半身を鍛えるのは、痩身においては悪くない。

ただ、既存の《トレーニング》や《施術》だと、それぞれの“クセ”の改善は難しい。

“見た目”や“健康面”まで考えると、問題は山積みなんです!

《見た目の美しさ》にこだわる、ボディコントロールの観点においては、、、
【下半身は、“ただ”鍛えるのではなく、“どこを”“どうやって”鍛えるか?】

結果的に、「どうなりたいか?」という考え一つで、方法もまったく変わるもんです(笑)

やはり、何事も【“量”より“質”】ということですね♪

関連記事

  1. 下半身太りは無意識で改善

  2. 美脚・脚やせの不都合な真実 ②

  3. 『美脚=美腕』の法則【後編】

  4. ハイヒールで「脚が細く」&「美脚」に…

  5. 「“下半身太り”の脚やせ」の結果

  6. 美脚★「ふくらはぎ」を 確実に細くする条件

  7. 太もも−10cm以上を実現する『美脚・脚やせ』の定義

  8. 美脚・脚やせの不都合な真実③