体幹メソッドの“非常識”な常識

『体幹』って、ポピュラーになりましたね~^ ^

ボクが10年以上前に、メディアで「“体幹”を鍛えて痩せる!」なんて、紹介しまくっていた頃なんて、世間では「タイカンって何?」って感じでしたから、本当にすごい進歩です(笑)

しかし、この『体幹』…

日本のダイエット(フィットネス)や美容系の指導者の間で、爆発的に広まっていき、ここ数年でかなり一般的になったんですが、正直ヒドイ状況でした(苦笑)

例えば、これは数年前のボクのブログなどでも、何度か取り上げているのですが、、、
『体幹=インナーマッスル』という、訳のわからない風潮(;^_^A

これは、かなりの指導者が勘違いして使ってましたね(笑)
…いまだに、勘違いしている人もいますが。。。

元は、ボクや他の有識者などが雑誌やテレビで言っていた、、、
『カラダを安定させる、体幹(の筋肉)を使えるようになりましょう!』
…という、説明がキッカケのようです( ´艸`)

こういった説明を素直に受けすぎて、《体幹=深層筋肉の別称》という“大間違いな認識”が広まったんですね。

ちなみに、今さらではありますが、
『体幹とは、頭と四肢(腕と脚)を除いた胴体部分のこと』ですからね(笑)

もっと言えば、「体幹の筋肉」と言っても、《インナーマッスル(深層筋)》とは限らず、表層の大きな《アウターマッスル》も「体幹の筋肉」です^ ^

あと、《体幹トレーニング》ですが、皆が疑わず、“右にならえ”で同じトレーニングをしていることが、不思議で仕方がない┐( ̄ヘ ̄)┌

これについては、日本初のアスリート専門の整骨院『針中野フィジカルケア鍼灸整骨院』(http://physical-care.e-chiryo.jp)の院長で、
全国各地のトップアスリートの指導を行っている“郷田 博基”先生とも話していたんですが、、、

…実は、この体幹トレーニングって、、、
『そんなに実用的じゃない』んですよ(笑)

だって、「そんな体勢にいつなるの?」ってことですε=(。・д・。)

もちろん、トレーニング効果がないとは言わないですよ!
良いトレーニング方法だと思います。

ただ、日常においてはもちろん、ほとんどのスポーツにおいても、
こんな体勢になったりはしませんから(・ω・)ノ

このトレーニングは、この体勢でこそ一番機能するトレーニングなんですよ。

スポーツの現場で、多くのトップアスリートを指導してきた、郷田先生も、、、
「(世間一般の体幹トレーニングは)実用的な面で見ると、ベストな方法だと言い難いし、改善すべき点も多いと思う」

…と、ボクの意見に同意してくれました^_^

ちなみに、ボクが“10年以上前”から一般人からアスリートまで指導してきた、
オグラ式ボディコントロール理論の《体幹トレーニング》は、上記のような床に突っ伏すようなやり方はしません。

だって、合理的じゃないから(笑)

『ボディコントロール』理論では、効率を何より重視しています!

人間が普段行う《立つ》《座る》《歩く》《走る》などを利用して、
【日常の動きの中でも、常に体幹を鍛えることのできる方法】としてまとめあげています(・ω・)ノ

この方が常に鍛えることができるし、さらに様々な応用が利く!

ちなみに、もう10年近く前になりますが、ボクが指導し、劇的に痩せて世間を騒がせた、女優の藤田弓子さん^ ^

その過程をまとめた本は、ボクの4冊目の著書にもなり、ベストセラーにもなりました♩

藤田弓子のわがままダイエット/マガジンランド

この本にも書いてますが、当時60歳だった弓子さんは、見た目も別人のように痩せて、体重も10数Kg減ったのに関わらず、ゴルフの飛距離が“20ヤード”ほど延びたんです!(  ゚ ▽ ゚ 😉

もちろんゴルフの練習なんてしてませんよ(笑)
ただ単に、身体能力を高めただけです(^_-)

また、BCFのお客様でも、『学生時代も、腕立て伏せなんて一回もできなかった」って人が、
「やってみたら簡単にできるようになってた」って人もいます。

中には、壁なしで逆立ちができるようになった人もいて、ボクもビックリしました(笑)

要は、『本来のカラダの使い方が出来るようになった』ということです(*^ー^)ノ

ボディコントロール理論の【体幹トレーニング】に関しては、郷田先生も、、、

『非常に理にかなった、実戦的なトレーニング理論であり、効果的なコンディショニング法だと思うので、自身の指導するアスリートにも指導してほしい』

…と、太鼓判を押してくれました!о(ж>▽<)y ☆

いくら常識だと思われているものや、ハードに感じるから良いと思われているものでも、正しいとは限らないんです( ̄^ ̄)ゞ

日本人は、本当に《ドM》だと思うし、良い意味でも悪い意味でも「右にならえ」で皆が疑わずに同じことをおこなう習性がありますが、そろそろ目を覚まさないと!

関連記事

  1. ウォーキング法の大嘘 ~非常識な常識~

  2. ダイエットはいかに継続できるか?

  3. ウエスト−20cm、太もも−15cmはユルくても減らせる!

  4. 下半身やせ(太もも&ふくらはぎ痩せ)~非常識な常識~

  5. 『おなか周り−11.4㎝、ふくらはぎ−3.9㎝他』どれくらいの期間での…

  6. 【ハビットコントロールプラン】初の画像公開!!

  7. 【美脚のポイント】ペタンコ靴orヒール???

  8. お尻は「鍛える」より『使える』がベスト!