短所を改善するより長所を伸ばせ!

日本のダイエット理論を見ていると、ほとんどが自身の弱点(短所)を
改善することばかりを目的にしています。

でも、コレってどうかと思うんです(笑)

例えば、、、
学生の頃《試験》に関して、先生にこんなこと言われませんでしたか?(=゚ω゚)ノ

『手が止まるような難しい問題は、時間がもったいないから、後回しにしなさい』

『難問に無駄に時間を使いすぎると、他の解けるはずの問題にかける時間すらなくなる』

『そうなったら元も子もないから、まずはできる問題から取り掛かりなさい』

…これは、実際に非常に理にかなってます☆

BCFでは、ボディコントロール指導においても、これと同じ指導スタンスです(・∀・)

しかし、たいていのダイエット理論は、それとは逆のスタンスばかり!

要は【弱点(短所)の改善】ばかりに目を向けるわけヽ(´o`;
…でも、弱点は『簡単に改善できない』からこそ《弱点(短所)》なんですよ。

運動が苦手な人が、必死に運動を行ったり…
甘いものが好きな人が、甘いものを制限したり…
食べるのが好きな人が、極端な食事制限をしたり…

はっきり言って、出来るはずがないからね(笑)
もし、最初はできたとしても、じきに限界はくるでしょうε=(。・д・。)

それに、タダでさえ弱点を改善するのは大変だからこそ、そこにかかりっきりになる。

そうなると、他にやるべき《簡単なこと》すらやる余裕がなくなる(`・ω・´)

…こうなると、小さな結果すら出せなくなる可能性も出てくるわけです!

できないことをやろうとするから、失敗するってコト(。・ε・。)

なので、ボクが直接指導するBCFでは、、、
《各々が簡単に取り組める、“良い習慣”を優先しておこなう》
…というスタンスです。

単純に、『得意分野を伸ばせばいい』ってことですよ(笑)

アスリートの世界でもそうですが、すべてにおいて完璧な人は、ほとんどいません。
ただ、成功者のほとんどは、自身の得意分野を徹底的に磨き上げた人がほとんど!

“得意分野”を伸ばした上で、“苦手な弱点”も後々改善する努力をすればいいんですよ(^ー゜)

なので、まずは、、、

○ 甘いものが好きな人は、食べたきゃ食べる
○ お米や麺など、炭水化物も食べたきゃ食べる
○ 運動が苦手なら、やる必要もない

…以上のような、ダイエットでは「ありえない方法」が、BCFでは『当たり前』だったりする(笑)

それでも結果は出せるのが、小倉義人の【ボディコントロール理論】であり、
さらには【ハビットコントロール(活動習慣)理論】なんです☆( ´ ▽ ` )ノ

単に《全身痩せたい人》も、
“下半身太り”に悩んで《脚やせ&美脚を目指す人》も、
《産後でたるんだカラダを絞りたい人》も、

悩んでる時間があるなら、BCFへおいで(笑)

流行りの2ヶ月で行うジムのような、ストイックなことを行わなくても、
驚くような変化へ導けるし、ありがちなリバウンドもないですよ♩

“ウエスト”や“二の腕”を減らすのは当たり前ですが、《脚やせ》に関して言えば、
他のどんな施設よりも、“早く”&“確実”にサイズダウンできるでしょう( ´ ▽ ` )ノ

たった一回の指導でも、“太もも(片足)”で《ー2~5cm前後》は落とせるし、
続ければ、《ー10cm以上》のサイズダウンも可能♩(^∇^)

“ふくらはぎ”も同じく、カンタンに落とせます☆

これは、単に“短所”の改善は後回しにして、まずはその人の“長所”を伸ばす方法だから( ´ ▽ ` )ノ

そうすれば、カンタンに今より良い結果を出せるだけでなく、
いつの間にか“弱点”もある程度は改善される。

BCFでは、指導内容だけでなく、こういった基本的なやり方が、他とはまったく違うわけです(^ー゜)

だからこそ、これまでどんな施設に通っても、どんな方法を試しても
大した効果が出なかった人でも、驚くような結果が出たりする(笑)

数年前から『ボディコントロール理論』や『BCF』を真似た施設が増えてるそうです。

しかし、表向きを真似ても、根本が変わらないと《効果》まで真似できないんですよ~(`∀´)

関連記事

  1. 自己流でやらない人が成功する -カラダの常識-

  2. 【Q&A】運動で脚は細くなる???

  3. 画像より『サイズダウン数値』の理由

  4. 瞬間ができれば“維持”&“向上”もできる

  5. キレイな人ほど努力せず、痩せてる人はダイエットしない

  6. 器具&サプリメントに頼らない!

  7. 食?運動?生活習慣・・・何が大事?

  8. 『おなか周り−11.4㎝、ふくらはぎ−3.9㎝他』どれくらいの期間での…