美脚・脚やせの不都合な真実 ②

さて、前回からダイエット&美容業界にとって
【美脚・脚やせ】の不都合な真実をご紹介(笑)

今回も続きますよ〜(°▽°)

さて、今回のテーマは、、、

『“マッサージ”をはじめ
《施術》による美脚・脚やせ』

日本には「下半身やせ」「脚やせ」を謳う
施術者や施設が溢れています(ㆀ˘・з・˘)

なぜなら、、
世の女性の“9割”は「脚の悩みを持っている」と言っても過言ではなく、
潜在的な顧客が多く、集客がやり易いから。

特に、エステなどでは“手技”や“機械”による
《施術》を用いる方法が一般的です。

…では、この『“施術”による“脚やせ”』というのは、実際はどうなのか?

実は、これは【目的】によります^ ^

例えば、、、
【“ムクみ”や“筋肉の張り”などの改善など一時的な効果】

…を目的とするなら《施術》を選択するのもいいでしょう。

一日中立ちっぱなしだったり、脚のコンディションがいつもより悪い。
そんな時に《施術》に頼るのは、最適でしょう。

そうすれば、“ムクみ”や“張り”の解消分として、《−0.5〜1.5㎝》程度は落ちるかもしれない。

ただし、残念ながら「その程度」でしかないんです>_<

…もし、あなたの目的が、
【下半身太りを根本的に改善・解消する】

こうなってくると話しが変わってきます!

まず、カラダの“脂肪”を無くしたいとしても、
マッサージなどの《施術》では不可能です。

マッサージされるだけで脂肪が落ちる…
なんて、そんな都合のいい話はない(笑)

また、前回も説明しましたが、、、
《下半身(脚)太り》はの一番の要因は??

“脂肪”でなく“筋肉の付き方”です☆

常に筋肉を鍛えるアスリートではない、一般人の女性であれば、、、
日常の動作(立ち方や歩き方)が一番の“原因”。

小倉義人の『ハビットコントロール』理論でいう
【活動習慣】ですね(╹◡╹)

日本の施術者の技術は、世界的に見ても素晴らしい!!

しかし、どれだけ素晴らしい《施術》をおこなっても、
【筋肉の使い方(クセ)】を、“根本的”には直せない(。-∀-)

もし、そんなことができるなら、練習(トレーニング)が必要なくなってしまう。

施術されるだけで、いきなりダンスが踊れたり、サーフィンができるようになる…?
全然弾けなかった楽器が弾けるようになる…??( ゚д゚)

『そんな馬鹿な話しはありえない』でしょ???

おなじく、『立ち方』や『歩き方』を変えるなら、【方法(実技)】を学ばないと絶対に変わらない。

決して《施術》がダメなわけでなく、要は“役割”が違うんです(><)

《目的(ゴール)》が違うってこと!

結論を言うと、、

「“脚の太さ”を根本的に改善したい」なら、
《施術》は“補助”にしかなり得ない。

あなたが『一般人』であれ『プロの施術者』であれ、《施術》のみで“下半身太り”を改善できると信じているなら…

その“考え”を根本的に改める必要があるでしょう(`・ω・´)

ちなみに、、、

ヒ ッ プ :【− 10 ㎝以上】
太 も も:【−8㎝以上(片側)】
ふくらはぎ:【−5㎝以上(片側)】

…以上は、BCFの【美脚・脚やせプラン】における、“平均サイズダウン数値(※3〜6ヶ月)”です♩(°▽°)

BCFでは《施術》を“補助”として行ないますが、
そのため大きな結果へ導くことができます!

技術には『役割』があり、足りない分は“補いあう”ことで、さらなる効果が期待できるんです☆

関連記事

  1. 「“下半身太り”の脚やせ」の結果

  2. 美脚・脚やせの不都合な真実 ①

  3. 『美脚=美腕』の法則【前編】

  4. 美脚・脚やせの不都合な真実③

  5. お尻は「鍛える」より『使える』がベスト!

  6. ハイヒールで「脚が細く」&「美脚」に…

  7. 『ししゃも足』に◯◯はNG!~非常識な常識~

  8. 脚(足)やせ・下半身痩せの真実