混ぜるな危険…? -カラダの常識-

今回のブログのテーマは、
【ダイエット(ボディメイク)が成功しづらい人の共通点】

コレは多々あるんですが、確実に「コレ!」って言えることがある。

コレは、過去のブログなどでも、何度も言ってきたが、改めて書いてみようと思う(笑)

それは、、、
『いろいろな方法を自己流で混ぜる』

…このパターンは“鉄板”と言えるくらい、うまくいかない人が多い(つД`)ノ

このパターンが何故ダメなのか?
少し“厳しい表現”も含めつつ、ポイントを挙げて説明しよう。

まずは…
『一つのことも続かないクセに、複数のことをやれるはずがない』

一つのことも集中してちゃんとやれないのに、なんで複数のコトをやろうとするのか???

とりあえず、“一つのコト”をある程度やれるようになってから、次のステージに進むのが世の常。

まだやれてないうちに、“他のコト”に手を出してどうする???

「二兎を追う者は一兎をも得ず」という格言そのまんまです(笑)

そして…
『複数やることで《満足感》を得ているだけの“ドM”精神』

「良薬は口に苦し」のように、日本人は子供の頃から如何に努力してきたか?を美学にする傾向があります。

だからこそ、、、
「コレだけの沢山のことをやっているから、結果が出るはず」
…なんて、実際のところは《根拠のない自信》にすがりつく人も多い。

しかし、現実はそうじゃない(笑)

“間違っている努力”は、いくら頑張っても結果に結びつかない!
しかし、“正しい努力”は、大して頑張らなくても結果に繋がる(*´꒳`*)

どうせなら、、
「ムダな努力は極力せずに、効率よく結果がでる」
がいいに決まっている。

みんなも、実際はそうでしょ???(笑)

《努力からの満足感》と《望む結果》は、残念ながら決して結びつくわけではないんです>_<

さらに…
『理論が違えば、効果も相反することも多々ある』

それぞれの理論は、つくり手側もそれなりに考えてつくっている(はず)。
(※驚くほどいい加減な理論もありますが…)

しかも、“目的”は同じであっても、“方法”や“考え方”が違うことは多々あります(ㆀ˘・з・˘)

例えば、ボクは「安易な食事制限」は、
《筋肉を落として体型を崩す》し、
《リバウンドを確実に招く》ことから、
“否定”しています。

特に【ファスティング(プチ断食)】などは、
『体重を落とすだけで、ボディメイクにおいてのメリットは、総合的に見て“ほぼ”無い』
ので、“全否定”してます( ͡° ͜ʖ ͡°)

「単に栄養を落としてヤツれさせる」方法とは、ボディコントロール理論の【いかに筋肉を発達させ、美しいカラダへ導く】方法と混ぜてもうまく作用しない(ㆀ˘・з・˘)

実際に食べた方が痩せて、体型も美しくなるパターンも多いんですよ♩

…と、まぁ他にも色々ありますが、大まかに言えばこんなところです(o^^o)

いろいろな方法を混ぜておこなう人は、ブログなどでもよく見かけます。
しかし、そのようなやり方で成功している人を、ほとんど見たことがありません( ˘ω˘ )

電化製品も、純正品で揃えた方が性能が良かったりすることもあるけど、カラダに関する方法も同じようなコトだったりします。

《沢山のストイックな努力》より、
《効率の良いカンタンな努力》です☆

関連記事

  1. 『旅行は太る』って…ホントだと思う???

  2. 教科に例える「減量」と「ボディメイク」の違い

  3. 嗜好品は気にせず喰らってよし!

  4. 自己流でやらない人が成功する -カラダの常識-

  5. 「○○だけ」の方法は…