教科に例える「減量」と「ボディメイク」の違い

今日もブログを読んでくれて、ありがとうございます٩( ‘ω’ )و

ボクのブログのタイトルの
『体重計はいりません✖️』

コレは、小倉義人の『ボディコントロール理論』のコンセプト(概念)から生まれたタイトル。

さらに言うと、、、

「体重を減らす(減量)」より
【ボディメイク(体型改善)】を
“優先”するということです☆( ´Д`)y━・~~

例えば、、、

「ウエストを10cm以上、二の腕を5cm以上などカラダのサイズが減っても、
体重は減らない(or増える)こともある」

コレはBCFのお客様や、芸能関係者の子達の多くが実際に経験してます。

他には、、、

「体重を減らすため努力して、体重が数Kg減ったのに、
“二の腕”や“脚”のサイズが減らないこともある」

これは、最近あった雑誌のダイエット企画の読者モデルが、まさにこのパターン。
「体重は減ったのに…」と、周りもショックを受けてました。

…以上の事を目の当たりにすると、みんなビックリする(笑)

でも、実は別に驚くことではない。

なぜなら、
『サイズを減らす(体型改善)』と
『体重を減らす(減量)』
は、“別物”だから。

もっと厳密に言うと
「似て非なるもの」
というのが、的確かと思います。

そこが理解できれば、ダイエットなどのカラダの悩みがカンタンに解決できますd(^_^o)

コレは、ボクが指導する際にもよく話したりするのですが、
学校の“教科”に例えるとわかりやすいです。

ダイエットを【科学】とすると、
「体型改善」は《物理》で
「減量」は《化学》とする^ ^

《物理》や《化学》は、【科学】という広い分野の中のコンテンツの一つです。

他の教科でいうと、、、

ダイエットを【国語】として見ると、
「体型改善」は《現代文》で
「減量」は《古文》?^ ^

【歴史】でみれば、、
「体型改善」は《世界史》で
「減量」は《日本史》とか^ ^

多少は絡むことはあっても、それぞれ別物として勉強しますよね?

まぁ…教科は例えなので、どうでもいいΣ(-᷅_-᷄๑)

もし、、、
《世界史》の試験なのに《日本史》を必死で勉強している人を見たら…

…アナタはどう思う???

「アイツなにやってんだ!?」
ってなるでしょ?(笑)

「ダイエット」という広い分野でみれば、
『体型改善』も『減量』も同じグループ。

しかし、その2つを専門に行うとすれば、
そもそも【別物】なわけ!

だから、たまにダイエット指導者が、、、
『◯Kg痩せて、ボディメイク!』

…なんて言ってるのを見ると
「コイツ、何を訳のわからないことを言ってんだ???」となる(笑)

だって「体重を減らす」のと
「ボディメイク(体型改善)」は“別物”なのだから(ㆀ˘・з・˘)

前にブログで書いたけど、、
小顔になりたくて、頭の“重さ”をはかるのか???

細かく言えば、《日本語》としてもおかしい。

だいたい、体重は「減る」ものであって、
体型のように「痩せる」ものでもない。

ダイエットを《教科》として考えれば、
「これまで、自分がなんでダイエットに成功しなかったのか?」
…が、なんとなくわかるはず。

見当違いの勉強をしても、良い点数が取れるワケがないんだから(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

アナタが『何を目指すか?』を、もう一度見直せば、答えはボンヤリでも見えるはず☆

《私は…どうなりたいのか?》

冷静によ〜く考えてみれば、これまでやってきたことがいかに間違ってたかが、わかるかもしれないΣ(・□・;)

まだまだ、遅くない!

女優の藤田弓子さんは、60歳で人生初の肉体改造に成功して、世間を驚かせたんだから(笑)

【追記】

ちなみに、小倉義人のボディコントロール理論は、
「体型は変えれても、体重は減らない」
…なんて誤解もあるらしい。

そんなワケがないでしょ(笑)

重い筋肉が一時的に増えても、
体脂肪や無駄な筋肉が減っていけば、
最終的には体重は落ちる。

だから、ボクの方法でも体重は減りますから(╹◡╹)

しかも、、、

各ジャンルのトップアスリートも指導してるし、
自身も元々プロのアスリートだったんだから、
《減量法》なんて、そこらのトレーナーよりも知ってるよ(笑)

たとえば《3Kg》程度の減量なら、
“1日”あれば誰でも落とせる!♪( ´θ`)ノ

…けど、絶対にそんな指導はしない(笑)

なんでやらないかって言うと、、、
【体型を美しく導く】のには「必要ない」からです。

関連記事

  1. 「○○だけ」の方法は…

  2. 『旅行は太る』って…ホントだと思う???

  3. 嗜好品は気にせず喰らってよし!

  4. 自己流でやらない人が成功する -カラダの常識-

  5. 混ぜるな危険…? -カラダの常識-