美脚★「ふくらはぎ」を 確実に細くする条件

恵比寿のBCFには、北海道から沖縄まで
全国各地から多くの人が訪れます。

そして顧客の要望で特に多いのが、、
【下半身痩せ(脚やせ)】

その「下半身太り」のなかで代表的な悩みで
一番多いのが《太もも》です。

しかし、並んでもう1つ多いのが…
【ふくらはぎ】です( ・∇・)

実のところ『“細い”ふくらはぎ』にするのに、
《必要不可欠な部位》あるんです!

ココで、早速《答え》を発表٩( ᐛ )و

「ふくらはぎ痩せ」にとって、
必要不可欠な部位。

それは【お尻】なんです!

実は、“ふくらはぎ”が細い人は、、、
お尻が垂れている人はほとんどいない。

なので、逆に言うと…

「ふくらはぎが太い」ってことは
『お尻の筋肉をうまく使えていない』
ということ!

要は、日常生活の『筋肉の使い方』に
大きく影響するわけです(。-∀-)

このメカニズムを専門的に言うと長くなるし、
書くと中途半端にパクる指導者も多いので、
割愛しますね(笑)

…かと言って、
「じゃあ、お尻を鍛えればいいんだ!」
な〜んて、単純な話じゃない Σ(-᷅_-᷄๑)

A【筋肉を“使える”】
B【筋肉を“鍛える”】
同じようで全然違う( ˘ω˘ )

誰でもわかりやすいように、
超単純に説明すると…
Aは「アスリート」で、
Bは「ボディビルダー」
って感じ。

ボディビルダーは凄い筋肉だけど、
筋肉を鍛えたからといって、
競技でアスリートには勝てない(╹◡╹)

競技においては、ただ筋肉を鍛えるより、
筋肉を、いかに効率良く使えるか?

今回のテーマに置き換えると、、
【お尻の筋肉(筋力)をどこまで上手に使えるか?】
…が大事になります。

ヒントは、、、
『動く前に静止』

静止させることもできないのに、
動くなんて早いんです(  ̄っ ̄)

…なので、ボクの指導はなによりも
《立ち方》から始めます。

どんなトップアスリートでも、
モデルやタレントでも、
子供でも…誰にでもd(^_^o)

でも、立ち方を変えることで、
お尻の筋肉が使えるようになり
《ふくらはぎ》は激変します!

その場でも、、、
【− 1〜3cm】(※片脚)
2週間もあれば、、、
【− 2〜4cm】(※片脚)

そのうえで、さらに動作も改善できれば、
【−5cm以上】(※片脚)

…も珍しくありません(。-∀-)

正しい努力をすれば、意外に簡単に
解消するものです♩

ボクの著書を見て実践しても、
多少は変わるでしょう( ˘ω˘ )
でも、本気で細くなりたいなら
BCFへ来ればいい(笑)

その方が、ムダな時間を過ごさずに
済みますよ♪(´ε` )

ちなみに、、、

たまに「ふくらはぎ痩せ」などで
《カカト上げトレーニング》
などを指導する指導者がいるけど…

言語道断!\(*`∧´)/

ふくらはぎは、人体のなかでも
一番下にある部位。
重力の影響を一番受ける部位だから
負荷も一番受ける部位。

ふくらはぎが太い人が、
さらに筋肉を鍛えたら
さらに太くなるだけ(笑)

また、日本の女性が大好きな
「マッサージ」も
根本的な解決にはならない。

血流を促して“ムクみ”による張りなどを
一時的に改善するだけで、
『その場しのぎ』
でしかない。

日本は、誰でも指導者になれるため、
残念ながら《間違った知識》で指導する
プロが多いのも現実。

世に蔓延る【“非常識”な常識】に
騙されないようにしてくださいね!

関連記事

  1. 【ハビットコントロールプラン】初の画像公開!!

  2. O脚・X脚の改善には・・・美脚になりたい方必見!

  3. 太もも−10cm以上を実現する『美脚・脚やせ』の定義

  4. 脚やせ&美脚のつくり方 -3カ条-

  5. セルフでできる『脚やせ』&『二の腕やせ』

  6. 腕と脚の太くなる理屈は同じ

  7. 『ししゃも足』に◯◯はNG!~非常識な常識~

  8. 「“下半身太り”の脚やせ」の結果