『旅行は太る』って…ホントだと思う???

『旅行で太るって人は《普段の習慣》に問題があるか、《根本的な考え方》の問題』

このことは、小倉義人が昔からずっと言い続けてます。

確かに「旅行で太る」って理屈はわからないでもない。

⚫️ 規則正しく、朝昼晩と三食を食べる。
⚫️ 行く先々で、地のモノをツマミ食いする。
⚫️ 仕事を休んで、ノビノビする。

『日常から逃れ、美味しいものを“お腹一杯”食べる』
…という行為に“罪悪感”を感じるんでしょう(笑)

しかし、その【罪悪感】がそもそもおかしい-_-b

“規則正しく”食事を食べることで《太る》ってことは、《元々の食習慣》が乱れてるってことですよね。

例えば、食事量を抑えてたり、栄養に偏りがあって『カラダがヤツれてる』状態。
だから、普通に食べただけで、リバウンドみたいに太っちゃうわけでしょ?

普段から、正しく食べてたら、数日の旅行でガラッとカラダが変わるなんてあり得ない(笑)

だから、《根本的な日常の《食習慣》に問題がある》と言うわけですよ。

それに、、
旅行に行くと、誰もがそれなりに行動しますよね?^ ^

「いろいろスポットを巡って、夜は脚がパンパンで、疲れもあって夜にスンナリ寝れた」

…コレも、旅行に付きものな話し。

ということは【活動量】に関しては、普段よりも相当多く、エネルギーもいつもより消費しているわけです。

それなのに、太るっていうのもおかしい(笑)
普段、旅行のときほど活動することなんて、ほとんどないはずですから( ´_ゝ`)

コレを「意味がない」…なんて言うなら、、
「太ったから、動かないと…」なんて、軽い運動をすることすら否定することになる(笑)

要は、旅行の活動量は「ほぼ運動」な訳で、通常よりも太りにくいはずなんです♪(´ε` )

例えば、、、

東京・恵比寿『ボディコントロールファクトリー(BCF)』の顧客の事例ですが、
【活動習慣(立つ,歩く,座る)】を、本来あるべき理想的な状態(筋肉の使用法,活動量など)に近づけるよう指導しています。

だからこそ、旅行などに行くと《運動と変わらないくらいのエネルギー消費量》になり、むしろ痩せて帰ってくる人がほとんどです(笑)

そして、もう一つ重要なのが《根本的な考え方》の部分。

体重の増減のみで「太った or 痩せた」を判断することね…(。-∀-)
20年近く言い続けてるから、今更くわしくは説明しないけど。

そりゃ、モノを食べたら一時的にも体重は増えるから(笑)

500mlのペットボトル飲料を飲んでも、0.5kgほど体重は増える。
それで、太ったことになるか???

“食べるモノ”や“頻度”によって、人は誰でも1日に1〜3kgの増減はするんですよƪ(˘⌣˘)ʃ
まず人間のカラダは、ほんの数日で“kg単位”での脂肪が増えることはないから安心しましょう(笑)

数日での体重の増減は《水分や食べたモノの重さ》ですヽ(・∀・)

…以上!

正しい知識と方法で、カラダのことに取り組めば、旅行なども心の底から楽しめる♩
ストイックな努力もせずに、カラダを体質から変えることができるんです(o^^o)

少なくとも、ボクの顧客のほとんどは旅行などを含め、人生を楽しんでますよ☆

関連記事

  1. 混ぜるな危険…? -カラダの常識-

  2. 自己流でやらない人が成功する -カラダの常識-

  3. 「○○だけ」の方法は…

  4. 教科に例える「減量」と「ボディメイク」の違い

  5. 小顔矯正ってどうなの?【後編】

  6. 体幹メソッドの“非常識”な常識

  7. 嗜好品は気にせず喰らってよし!

  8. 下半身やせ(太もも&ふくらはぎ痩せ)~非常識な常識~