【Q&A】運動で脚は細くなる???

Q: “脚やせ”のエクササイズってどうなんですか?

最近、雑誌などで「モデルの体幹ダイエット」というのを見ますが、どうなんですか?

内容は、エクササイズ中心の方法です。
エクササイズ自体もよくあるもので、真新しいやり方ではありません。

「運動では“下半身太り”は解消できない」と、小倉先生は以前から言ってますし、自身も仕事柄、様々な運動を試しましたが「脚やせ」に成功したことはありません。

それとも、モデルさんのやる運動なら変わるんでしょうか?

《30代:ジムインストラクター》


A: 運動で《下半身太り》を解消できる確率は…【1%】もないかも。

「モデルの体幹ダイエット」???
全然知らないし、興味もない(笑)

内容も方法も聞いたことがないから、質問者の情報をもとに答えますね^ ^

まず、第1のツッコミどころだけど…

“モデル”のほとんどが、ダイエットでその体型をつくったわけじゃない(笑)
元々、それなりに痩せててスタイルが良かったから、“モデル”になれたんだ ƪ(˘⌣˘)ʃ

モデルも、ある意味《才能》の世界だ。

それなりにスタイルが根本的に良くないと、まともな事務所なら所属もできない。

“自称”モデルなんかは、別としてね(笑)

『日本初の芸能界専門パーソナルトレーナー』として、芸能界に“18年前”から関わってきたボクだから断言できる。

もちろん「もっと美しい体型になりたい」なんてモデルはたくさんいる。

ボクも、そういった子達は指導してきた。

ただ、ハッキリ言えるのは、『モデルの指導はラク&簡単』…ってこと。

正しい指導を、ちょこっとするだけで、ガラッと変わる(°▽°)
例えば、ウエストが元々60cm前後の子を、55cm以下にするのは難しくない。

だって、“体型”だけではなく“体質”的にも恵まれてる子達だよ?

頭の良い子に勉強を教えるのと同じ(笑)

だから、モデルの体型管理の指導なんて自慢にもならない (°_°)

 

さて、本題にも戻ろう。
『下半身太り』ってのを簡単に説明すると…

【上半身(胴体)に比べて、下半身(脚)が太くて、全身のバランスが悪い】

これは、その人の動作(筋肉の使い方)で長年かけてつくられたものが、ほとんど。

脚は日常で、常に“重力”による負荷がかかり、《筋肉が肥大》することで太くなる。

『下半身太り』は“脂肪”で太くなるのでなく《筋肉太り》なんだ(ㆀ˘・з・˘)

だから、エクササイズなんて必要ない!

ボクの『ハビットコントロール理論』【活動習慣(立つ、歩く、座る等)】が大きな要因になっているわけだ。

要は《動作のクセ》ってこと。

そんな癖を、簡単なエクササイズなどの運動で改善できるわけがない(笑)

日本を代表するトップアスリートですら、あらゆるトレーニングでも直せないから、ボクのもとに習いにくるんですよ?

アスリートの最先端トレーニングでも駄目なのに、ダイエットのエクササイズで改善できるはずがない(笑)

例えば、“全体的”に太っている人なんかが、痩せる過程でそういったエクササイズをやれば、脚も細くなることはあるだろう。

でも、それは「下半身太りの解消」というわけではないでしょ?

ただ「全体的に痩せた」だけ(°_°)

それなら、知識が多少ある指導者なら誰でもできる。

なので、いま全体的に太っているなら、エクササイズなんかでも脚のサイズに影響はあるかもしれない。

しかし、上半身(胴体)とのバランスが悪い『下半身太り』の《脚の太さ》に悩む人は、エクササイズでは無理だ!

アナタはどっちか???
【全体的に太っていて、脚も太い】
それとも…
【上半身(胴体)に比べて、脚が太く、バランスが悪い】

それによって、全然変わります(・∀・)

ちなみに、ボクならどちらでも…
太 も も ⇒ − 5〜15cm(片側)
ふくらはぎ⇒ − 2.5〜8cm(片側)

…の範囲なら【100%】落とせる☆

《下半身太り》も、ここまで落とせるのは、『ハビットコントロール』だけ٩( ᐛ )و

それこそ、医療従事者やトップアスリートに採用される理論はほとんどありません!

本気なら、一時の流行りに飛びつくな(笑)

関連記事

  1. 短所を改善するより長所を伸ばせ!

  2. 器具&サプリメントに頼らない!

  3. 『食事(炭水化物)制限』について思うこと

  4. 瞬間ができれば“維持”&“向上”もできる

  5. 【ハビットコントロールプラン】初の画像公開!!

  6. お尻は「鍛える」より『使える』がベスト!

  7. 【一回で太もも“−4.5㎝”】他の“トレーニング”との違いは…

  8. 『おなか周り−11.4㎝、ふくらはぎ−3.9㎝他』どれくらいの期間での…